メタボリックシンドローム

自閉症とむきあう

メタボリックシンドローム

メタボになる前にすべき事

メタボリックシンドロームという言葉、一度は聞いたことがありませんか?
メタボリックは“代謝”、シンドロームは“症候群”を意味し、内臓脂肪型の肥満に加え、高血圧・高脂血症・高血糖のうち2つ以上当てはまる状態をメタボリックシンドロームと呼びます。
もし、聞いた事がない人があれば「メタボ」と言えばわかるのではないでしょうか。
メタボリックシンドロームを略した言葉がメタボであり、ここ数年でとても浸透した言葉だと思います。

メタボ人口は、基礎代謝が衰え始める40代から急増し、40〜74歳では、女性は5人に1人、男性にいたっては2人1人がメタボだと言われています。
これほどメタボが増えると、メタボ解消という言葉に皆さんが敏感になるのは当たり前なわけです。

ただ…皆さんが失敗するケースの多くは慌ててダイエットをしてしまうこと。
たしかに内臓脂肪を減らさなくてはいけませんが、急激なダイエットは逆に体調を崩す例も少なくありません。
とくに食事制限に関して言えば、バランス良く栄養素を摂取しなくてはいけません。
なので、まずは食事よりも運動。本当にちょっとした運動だけでも初めてみては如何ですか?

食事は意識する程度で大丈夫です。
徐々に始めていき、身体を慣らしていくことが大事なので、無理なくメタボ解消をしていきましょう。
もし、まだメタボ症候群程度であれば、メタボになってしまう前に健康的な生活を今から始めることをオススメします。

自閉症への理解を深める為に

更新履歴

他の記事

参考サイト

copyright(C)自閉症とむきあう