自閉症の症状について 第五章

自閉症とむきあう

自閉症の症状について 第五章

自閉症の症状について 第五章

統計学的にグローバルに増加する傾向にあります。
それが、それと考えられるそれがそうであったわずかなもの従来は
中で診断します。
自閉症が本当に増加しないで、含まれるために来ます。
そして、病気は世界で認められます。

それが日本の1,000の1-2の割合で起こります。
しかし、あなたが自閉症の範囲を装う所で、発生率は大いに異なります。
男性と女性の比率は、およそ4:1であると言われています。

しかし、この障害をもつ女の子は、精神的な発展のより厳しい遅滞を
示す傾向があります。
X染色体の異常による弱いX症候群のための説明のPossibilityは、考慮されます。

彼らが高く機能している自閉症を現在日本で360,000の予想
精神的な障害と言語障害なしで含めるとき1,200,000人が
日本自閉的な協会によるといるとき、それであると言われています。

自閉症に関しては、ケースは多様です。
そして、そこで、境界が漠然としているので、身体的に損なわれてない人から
ひどい自閉症と呼び出しをもつ人への障害物がない境界は多様性を表した概念図
自閉症スペクトルによる連続性または虹のような自閉症連続体でありません。

それは精神的な障害をしばしば伴います。

自閉症の症状について 第六章クリニックについて

自閉症への理解を深める為に

更新履歴

他の記事

参考サイト

copyright(C)自閉症とむきあう