自閉症の症状について 第二章

自閉症とむきあう

自閉症の症状について 第二章

自閉症の症状について 第二章

自閉症の症状について 第二章
DSMの診断基準

コミュニケーションにおける質的な障害
非言語アクションはよくて、姿勢、表現のジェスチャー、目の相対的な表面の体を使うことができません。
話すとしても、一瞥は合いません。叱られるけれども、笑います。
友人関係を発展の標準に適切にすることができません。
関心と点でものを示すことをして、自発的に喜び、関心、結果をもう一人の人と共有するつもりはありません。
個人間であるか感情的な相互性が不足しています。
知らない人に無関心。
意図伝達の質的な障害

話し言葉の発達は、遅れを含みます。または、話し言葉がまったくありません。
たとえことばの能力があるとしても、もう一人の人と話し続けることは難しいです
1のうち、返事は語られます。会話は、長い文によって可能でありません
常に繰り返し同じ語を出して、独特の語を口にします。
人と口をきくとき、私はしばしば同じ答えと会話をします。
発展の標準に適切な変化でいっぱいの社会的性質による「ごっこ遊び」と「模倣遊び」は、可能でありません
行動、関心、それが制限されて、常に相似形式で繰り返される活動(いわゆる「感情」)
非常に強いです。そして、度重なる明確な形の1つの
関心だけに吸収されて常になります(あるいは、古い方法です)。

自閉症の症状について 第三賞自閉症の症状について 第一章

自閉症への理解を深める為に

更新履歴

他の記事

参考サイト

copyright(C)自閉症とむきあう