自閉症の症状について 第四章

自閉症とむきあう

自閉症の症状について 第四章

自閉症の症状について 第四章

日常生活の困難

アイデンティティは、維持されません
本棚の本は、きちんと線あらゆるリール番号を作りません。
(一目で無秩序であるが、寸分たがわず人自身の感情として記事を見つけるかもしれません)
電車です。そして、バスが同じ時間(形で異なりません)に来ます。
(たとえそれが詳細であるとしても、それを許可しないかもしれません)
経験、予想外の状況、突然のリスケジュールなしで。(不都合な状況が特に彼自身人のために起こるとき)
毎日の仕事は、通常学校でイベントのために変わったとき
楽しみにしたイベントは、突然、中止になったとき
好きだったおもちゃは、失われて、損害を受けたとき

内部の要因(外部の要因)に関係なく、人自身の感情は可能でありません
近隣の人々が人自身の感情でそれを理解しないので、行為を止めます

不安をしばしば感じます。そして、アイデンティティの不足することのストレスとの展望がない。
したいその人のもの(特に感情)、とても理解してください。そして、そのようなものに対するストレス
抵抗力に関しては、強くない多くの人々がいます。

状況(人自身が通常気にしない日常的なささいなイベントに関してはさえ)とストレスがより極端に高尚に
された国でストレスを増やすために一致するとき、突然それによって引き起こされる妙な泣き声をあげること
のような「パニック」を目覚めさせて「自己危害、他危害行為」を実行するかもしれません。
ストレスの原因が取り除かれる。あるいは、パニック行為が終わっていたあと、日常的な状態に戻ります。
しかし、感情の不安定性はしばらく続けるかもしれません。

自閉症の症状について 第三賞クリニックについて

自閉症への理解を深める為に

更新履歴

他の記事

参考サイト

copyright(C)自閉症とむきあう