自閉症の症状について 第六章

自閉症とむきあう

自閉症の症状について 第六章

自閉症の症状について 第六章

低い知的な能力(一般にIQから審査される)を高く機能しているようにしない
自閉症と呼ばないかもしれません。
そのうえ、知的な能力の優勢と下位に関係なく
にはいくらかのフィールドの素晴らしい能力があるかもしれなくて
サヴァン症候群で素晴らしい能力がある人に電話をするかもしれません。
そのうえ、「アスペルガー症候群」、「低い機能自閉症」と「カナー症候群」は
基本的に「高く機能している自閉症」と類似していて
しばしば、臨床的に識別される(自閉症はアスペルガー症候群
(言語障害にかかったもの)に影響を及ぼして、言語障害なしでものを
DSM-IV(ICD-10)の小児自閉症(カナー症候群)と分類します)ことが
できるのが難しいです。 、同じものとしてそれを本稿で扱います。

高く機能している自閉症Among自閉症患者範囲、精神的な障害がありません。
中で(一般にIQ70以上の)(英国の:)高く機能している自閉症
(知的な遅れのないカナー・タイプ)、ハイを機能しているAutism
略称HAまたはHFAと呼ぶかもしれません)。それが平均的な身体的に損なわれてない人より
高くなくて、精神的な障害にかかった境界域であるならば
知能指数が高く「ある高性能である」が、部分的に遠く平均的な身体的に
損なわれてない人を上回るかもしれないことを、それは意味します。

1980年代の後、速く認められました。そのうえ、それは定義していて
高く機能している自閉症にあてはまります。

自閉症の症状について 第七章自閉症の症状について 第五章

自閉症への理解を深める為に

更新履歴

他の記事

参考サイト

copyright(C)自閉症とむきあう