自閉症の症状について 第八章

自閉症とむきあう

自閉症の症状について 第八章

自閉症の症状について 第八章

そのうえ、自閉症の徴候は人々の間でかなり変化します。
そして、以下の特徴はそれを受けないかもしれません。

DSMの基準が含む診断がそうであるために、DSMの診断基準は
徴候です以下の通りである。
非言語アクションはおいしいです。
そして、姿勢、表現のジェスチャー、コミュニケーションの質的な
障害アイの相対的な表面の体は、使えません。
たとえ話でも、一瞥は合いません(例)。叱られるけれども、笑います。

、友人関係を発展の標準に適切にすることができません。
、関心と点でものを示すことをして、自発的に喜び、関心
結果をもう一人の人と共有するつもりでありません。
それは、個人間であるか感情的な相互性が不足しています。
知らない人のための無関心であります。

意図伝達の質的な障害話し言葉の発達は、遅れを含みます。
または、話し言葉がまったくありません。そこのクレーン現象
Evenもしもはことばの能力です(例)、もう一人の人と話し続けることは
難しいです。1のうち、返事は語られます。、長い文によって話すことができません。

常に繰り返し同じ語を出して、独特の語を出します。
人と話すとき、しばしば同じ答えと会話をしてください。
発展の標準に適切な変化でいっぱいの社会的性質による「ごっこ遊び」と
「模倣遊び」は、可能でありません。

自閉症の症状について 第七章

自閉症への理解を深める為に

更新履歴

他の記事

参考サイト

copyright(C)自閉症とむきあう